準備運動と回数

フィットネスクラブでトレーニングできるアクアフィットネスは、スイミングや水中で行うリハビリテーションそして水中運動などの運動療法のことです。水の浮力や水の抵抗を活用して体の負担を少なくすることができます。また、負荷のあるトレーニングができるためダイエットの効率も高いトレーニング方法です。しかし、効果のある運動を行う場合には週に2回ほど続けて行わなければ効果が期待できないものです。できれば回数を増やしてトレーニングすることがより効果のあるダイエットや運動になります。

アクアフィットネスは、水中で行うダイエットや運動のトレーニングです。準備体操を必ず行わなければトレーニングを行うのは危険です。スイミングのための準備運動やその他にダイエットのための準備運動も行ないましょう。水の抵抗を体に慣れさせるためにプールサイドでバタ足の運動を30秒間行うことで、体を慣れさせることができます。ダイエット行う場合には、日ごろ体を動かしていない人が多いです。そのため準備運動は念入りに行ないましょう。特に関節の準備運動やアキレス腱の準備運動は必ず行いましょう。アクアフィットネスをスタートさせてすぐに怪我のトラブルに悩まされないように準備運動が大切です。

フィットネスクラブ

プールを利用して楽しく歩いたり走ったりすることで効果的なダイエットができます。水中の中であれば浮力の力によって膝や腰の負担が軽くなります。そのためダイエットをしている人やリハビリをする人は、水の抵抗を受けて体に負荷の高い運動ができます。これがフィットネスクラブでアクアフィットネスです。

アクアフィットネスでは、血流を良くする効果があり心肺機能を向上させてくれます。水中の浮力の影響により関節の動きがスムーズにできるため水中では地上に比べて少ない力でスムーズに運動ができます。水中の中であれば消費量が増えることでダイエットやリハビリに大変効果のある方法がアクアフィットネスです。泳げない人でも水の中で運動することができるため効果のあるダイエットやトレーニングを行うことが可能です。

アクアフィットネスでは、プールを利用する初心者の人や泳げない人その他にもダイエットはシェイプアップをする人が地上では体の負担特に膝の負担で運動ができない人に適しています。アクアフィットネスは大変効果のある運動ができます。脂肪燃焼だけでなく持久力アップができます。血行促進の作用があるため冷え性や肩こりの改善にも適した運動方法です。ストレス発散や運動不足解消のためにアクアフィットネスを取り入れているフィットネスクラブが増えています。次のページからフィットネスクラブで行うアクアフィットネスについて説明させていただきます。